印藤内科クリニックは「内科・消化器内科・内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)」を専門とするクリニックです。
風邪症状の治療や生活習慣病の予防・治療といった一般内科診療に加え、消化器(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆道、脾臓、膵臓等)の疾患の診断や治療を専門的に行います。
特に胃がんや大腸がんの診断、大腸ポリープの治療に必須である内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)については、高画質の機器を導入し、総合病院に劣らぬクオリティーかつ麻酔を使用した苦痛の少ない検査を提供致します。

病気について

代表的な疾患

消化器内科や一般内科の代表的な病気を部位別にまとめております。ひとえに病気といっても、強い症状が出るものもあれば、進行するまで全く自覚症状のないものもあります。軽い症状やちょっとした体調の変化であっても、それは身体が病気を知らせるために発したサインかもしれません。気になる症状があれば気兼ねなく何でもご相談ください。

食道・胃・十二指腸の病気

・悪性腫瘍(食道がん、胃がん、十二指腸がん)
・逆流性食道炎
・萎縮性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍
・胃ポリープ
・胃粘膜下腫瘍
・機能性ディスペプシア

 これらの病気はほとんどのケースで診断に検査が必要となります。症状を伺った上で検査が必要と判断した場合、胃カメラをご提案させていただきます。検査結果、症状を踏まえてお薬をご用意致しますが、検査をご希望されない場合、ひとまずお薬で経過を見ていただくことも可能です。

大腸の病気

・悪性腫瘍(大腸がん)
・大腸ポリープ
・潰瘍性大腸炎
・感染性腸炎
・痔核
大腸がんや大腸ポリープは病状が進行しないと自覚症状を認めないため、早期発見や治療のためには大腸カメラが必要となります。
腸炎については腹痛や下痢などの症状を起こすことが多く、酷ければ血便も伴います。ウイルスや細菌による感染性腸炎であれば経過観察でよくなってくれることが多いですが、潰瘍性大腸炎などの特殊な腸炎の場合、診断に大腸カメラが必要となる場合があります。必要に応じて大腸カメラをご提案させていただきます。
大腸カメラについてはこちら

肝臓・胆嚢・胆管・膵臓の病気

・悪性腫瘍(肝臓がん、胆道がん、膵臓がん)
・慢性肝炎 (アルコール性肝炎、脂肪肝等)
・胆石症、胆嚢ポリープ
・慢性膵炎、急性膵炎
これらの臓器の悪性腫瘍は胃や腸と比べ検査を受けられる方が少ないこと、また初期の段階では自覚症状は認めないことから早期発見が非常に難しいです。発見された時点ですでにかなり進行しており、取り返しがつかない状態になっていることが多いです。無症状のうちに早期発見するためには腹部エコー検査やCT検査が必要となります。
また慢性肝炎や慢性膵炎についても、治療せず放置するとどんどん進行して治らなくなってしまいます。そうなると生活に支障が出たり、命取りになることもあります。
いずれの病気についても、早期発見、早期治療が必要となります。
(胆石や胆嚢ポリープについては、無症状かつサイズや形に大きな変化がなければ経過観察となります。)
CT検査についてはこちら 

生活習慣病

・高血圧
・脂質異常症(中性脂肪、コレステロール)
・糖尿病
・肥満
・高尿酸血症(痛風)
・アルコール性肝疾患
近年生活習慣病という言葉を耳にすることは多いと思いますが、どういったものかご存知ですか?「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣がその発症や進行に関与する疾患群」とされており、要するに普段の生活習慣の乱れによって発症する病気のことです。これらの病気をそのままにしておくと、生命に関わる疾患や後遺症が残るような恐ろしい病気を引き起こしてしまうリスクが高くなります。そのため健康で元気な毎日を過ごすためには生活習慣病の予防、治療が重要になってきます。生活習慣病の中には自覚症状に乏しいものも多いため、採血や検査による定期的な健康状態の確認や、生活習慣改善の指導、必要に応じてお薬のご提案などもさせていただきます。